アドレス登録をお願いしよう

どんなに役立つ情報やお得な情報を配信しても、メールを読んでもらえなければ意味がありませんよね。そこで大切になるのが、メールを読んでもらえない理由を考えておくことです。主な理由としては、メールが届いていないか、届いていてもメールを開封してもらえないかの2つが挙げられます。メールの未達については配信側の設定やシステム上の不具合、メールアドレスの登録ミスなどが原因、メールの未開封については迷惑メールなどに割り振られてしまうことが主な原因と言えます。これら2つの要因を防ぐために有効なのが、配信元のメールアドレスを登録してもらい、受信の許可を得ることです。迷惑メールとなってしまうことを防げますし、メール配信への同意を得ることにも繋がるので、一石二鳥と言えますよ。

メール配信の許可を得よう

配信したメールを読んでもらえるかどうかは、メールに興味をもってもらえるかどうかといった部分に左右されることも少なくありません。自ら読んでみたいと配信を希望した人と、知らぬ間に登録され、勝手にメールが配信されるようになった人では、前者の方がメールへの食いつきは良いのでないでしょうか。また、1日に受信するメールの数が多い場合、受信した順番ではなく、重要なものから目を通すはずです。受信すると分かっているものや楽しみにしているものほど、読んでもらえる確率は上がりますよね。そこでおすすめなのが、メール配信を開始する際に、相手の同意を得ることです。これからメールを配信しますが良いですねと念を押されれば、最初のメールの受信を確認したり、配信元のアドレスを登録したりといった動作に繋がりますし、誤登録を防ぐことにもなります。メールを読んでもらえる確率が上がりますよ。