ウィルスなど外部の脅威に適切に対応できないこともある

メール配信に役立つ無料のシステムは、コスト削減を目標に掲げる法人や個人事業主の間で定着しつつありますが、セキュリティが脆弱なものも少なくありません。特に、素人が開発をしたシステムの中には、最新型のウイルスなど外部の脅威に対してほとんど対応できないものもあり、場合によっては取引先や顧客の信用を損なう原因となることがあるため注意が必要です。また、無料のシステムには自社内の機密情報の流出や漏洩などのリスクもあるため、やむを得ず導入をする場合には安全性の良し悪しについて時間を掛けて検討することが大事です。なお、無料のシステムの安全性を少しでも高めるには、自社内にセキュリティ対策に詳しい社員を配置したり、部分的に外注をしたりすることも有効です。

セキュリティソフトを導入するより外注した方が安くなることも

無料のメール配信のシステムにセキュリティソフトを導入する場合は、専門の業者に外注をするよりもコストが高くなってしまうケースも珍しくありません。たとえば、国内外で普及し始めて間もない最新のセキュリティソフトの中には、初期コストだけでなくランニングコストも嵩んでしまうものもあるため気を付けることが大事です。最近では、大小さまざまな規模の民間企業を対象にセキュリティ面を重視したメール配信システムの提供を行っている業者の数が増えています。そのため、無料のメール配信システムの導入した後にセキュリティの問題により期待通りの結果を得られない時は、いち早く法人対応が優れている業者に相談をするのがおすすめです。